スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちおはなしキャラバン事業報告会の報告です (パート1)

4月になりました!
・・ですが、子どもの森は、外は雪がこんもり積もっていて、春はまだ遠い気配です。

3月7日(日)に「親子がつながる 地域がつながる いのちのおはなしフォーラム」を盛岡で開催し、
地域の子育ち・子育て支援者38名の方にお集まりいただきました。
報告会の様子をちょっとご紹介しますね。

●第1部 事業報告&ワークショップ体験
事業報告では、参加者のみなさんにワークショップを実際に体験いただきました。

講師は、あそびma・senka代表で助産師の西里真澄さん。
子どもの森チーフプレーリーダーの長由紀(ゆっきぃ)です。
①西里さん、ゆっきぃ

いのちの音ってどんな音?会場のみなさんに体感してもらいます。
報告会 いのちの音を聞き合う

妊婦さんにご協力いただき、おなかの赤ちゃんの心音を聞かせてもらいました。
③おなかの赤ちゃんの心音を聞く
おなかの赤ちゃんの心音にじっと聞き入る参加者。
かすかだけど確かな鼓動が聞こえ、あちこちから静かな歓声がおきます。感動的な時間でした。

また、ゆっきぃの出産には、会場にいらしたベテラン助産師さんにお手伝いいただきました。
④ゆっきぃおなかが痛い
おなかを痛がるゆっきぃ。
助産師さんがおなかをさわって一言。「大丈夫だな。」

会場のみなさんの応援を受けて、無事赤ちゃんを出産。
あたたかい拍手でゆっきぃと赤ちゃんは迎えられました。
⑤赤ちゃんが生まれた

第2部 パネルディスカッションの様子は、後日、パート2でご紹介します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。